FC2ブログ
☆...Kaoru's secret room...☆ へようこそ SM好きKaoruの「リアル奴隷調教」& 「変態性欲」見せます、語ります・・・
日記 | 独り言 | 乳首責め・蝋燭・調教全般 | 複数プレイ | 女装&牝化 | 緊縛・猿轡・匂い | アナル責め | 指令 | 脚フェチ | イメージ・ストーリー・コスプレ | 浣腸 | 聖水 | 黄金 | ちょっとビックリ | 下ネタ or 裏話 | お知らせ・その他 | 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2ブログランキング
過去ログ
ブログ内検索
RSSフィード
Kaoru’s secret room
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
Kaoru

kaorusan

Author:kaorusan
マゾとして刺激が欲しくなる時
一緒にSMの扉を開けてみよう
新たな刺激と興奮に包まれる

-------------------------

*当サイトはアダルトコンテンツ、
SMに関する描写を含んでいる為、
20才未満の方の閲覧とコメントは
お控え下さい
SMに関心の無い方、
不快に感じる方などは
ご遠慮下さい*

*多忙につき、コメント、及び
メールの返信が出来ないことが
多いのでご了承下さい*

*現在、新規の個人奴隷は、
ご依頼、不可です
何卒、ご理解下さいませ*

以上、ご了承の上
コメントの方は、お願い致します
------------------------

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング

ブログパーツ

FC2カウンター
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
FC2ブログジャンキー
フリーエリア
2008.05.03 Sat
WS女に弄ばれ---2

私達3人は食事が終わりホテルへ移動することにした

SMルームのあるホテルが良いと奴隷君が言った
やはり今日も沢山責められたい気分なんだろう

いつもギャラリーの女性だけでも恥ずかしいというのに
今日は3pとして調教に参加するのだから
もう興奮で心臓バクバクに違いない

奴隷君の車で私が助手席に座り
彼女は後部座席に座るのだが、

すぐにS女ちゃんの手が奴隷君の股間を刺激してくる

奴隷君は真っ赤になって、安全運転をするのに必死だ



WS女?-2




真昼間の良いお天気は車の窓からの視界も
はっきりと見えて、いくら外から自分達のことなんて
眼中にないと周りは思っているとは言え、

奴隷君には刺激が強過ぎるようだ

いつもは車の中で私に言葉責め、首輪をされて
衣服の下に縄で縛られようが、ノリの良い奴隷君も

もう1人女性が増えてそれも初対面の女性が
積極的に自分を責めてくれば、
興奮度が高まるのは当たり前




WS女?-3




私は面白くて、たまに
運転中の奴隷君の乳首を衣服の上から摘んでみたり

「なーに、そんなに感じちゃってるの?
どれどれお前のペニスを見てやろうか」

などと言っては彼女と代わる代わるペニスを弄くって
真っ赤になってる奴隷君を責めてやった

いつもならとっくにラブHに着くはずなのに、
責められ過ぎからか、奴隷君は道を間違えてしまい
着くのに少々時間がかかった




スポンサーサイト
[PR]

海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)
海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)

複数プレイ    Comment(2)   Top↑

Comment
Posted by カネちん
こういう責めなら俺も二人に責められてみたいー!
20代の頃に付き合ってたSっ気のある女の子に車の運転中にまったく同じように乳首やチンチンを責められて、勃起しっぱなし、ガマン汁出っぱなしだったのを思い出しました。フェラまでされた時はさすがに運転中なので激しく舐めないよう懇願してました(^^;
2008.05.04 Sun 00:43 URL [ Edit ]
カネちんさん Posted by kaoru
運転中はあんまり感じちゃうと、足が攣ってしまったりして危ないことありますもんね
でも、車の中も興奮してきますよね
2008.05.04 Sun 22:46 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑