FC2ブログ
☆...Kaoru's secret room...☆ へようこそ SM好きKaoruの「リアル奴隷調教」& 「変態性欲」見せます、語ります・・・
日記 | 独り言 | 乳首責め・蝋燭・調教全般 | 複数プレイ | 女装&牝化 | 緊縛・猿轡・匂い | アナル責め | 指令 | 脚フェチ | イメージ・ストーリー・コスプレ | 浣腸 | 聖水 | 黄金 | ちょっとビックリ | 下ネタ or 裏話 | お知らせ・その他 | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2ブログランキング
過去ログ
ブログ内検索
RSSフィード
Kaoru’s secret room
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
Kaoru

kaorusan

Author:kaorusan
マゾとして刺激が欲しくなる時
一緒にSMの扉を開けてみよう
新たな刺激と興奮に包まれる

-------------------------

*当サイトはアダルトコンテンツ、
SMに関する描写を含んでいる為、
20才未満の方の閲覧とコメントは
お控え下さい
SMに関心の無い方、
不快に感じる方などは
ご遠慮下さい*

*多忙につき、コメント、及び
メールの返信が出来ないことが
多いのでご了承下さい*

*現在、新規の個人奴隷は、
ご依頼、不可です
何卒、ご理解下さいませ*

以上、ご了承の上
コメントの方は、お願い致します
------------------------

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング

ブログパーツ

FC2カウンター
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
FC2ブログジャンキー
フリーエリア
2009.12.19 Sat
コミックマゾ豚 その9
ついに雪が降り出した
暫くこの寒さは続きそう
部屋の中から雪景色を見てるのは好きだけど
それにしてもどれくらい降るんだろ

積もらない程度なら良いんだけど・・・



信一は顔面拘束具を付け、頭からすっぽりとパンストを被り
醜いセーラー服姿となり2人の前に膝まついた

カオルは信一に手枷、足枷をもう1度嵌めてやった





コミックマゾ豚ー23




「さあ、汚くて臭い豚のケツの穴をこっちへ向けな!」

そう言うとカオルは、信一に数本の浣腸を施したのである



コミックマゾ豚ー24



「お許しください・・・
お腹がいっぱいですぅ

「ふん、浣腸だもの、
苦しいに決まってるだろ!!」



コミックマゾ豚ー25



「そうだ、お前、乳首摘ままれて感じてただろ
これを挟んでおいてやるわ」

カオルは洗濯バサミを取り出すと
信一の乳首にしっかりと挟みこんだ



コミックマゾ豚ー26



「これで、お腹の苦しさは多少紛れるだろ!!」

そして、すぐさま、信一の肛門に電マを当て
激しく振動させてはわざと刺激を与え続けた

「うううぅぅ・・・」

「あ~ら、こいつ、変な呻き声あげてる!」

ユリカが面白がって信一お腹をパンパン叩く

いかほどの時間の調教が続いただろうか



コミックマゾ豚ー27




もはや信一の便意は、限界に達していた
信一は、腰をモゾモゾとさせるしか訴える手段はなかった

「どうしたのかしら、何腰を動かしているの?」

「くぅあふぉるひょうおうはま、ほうか、ほのふたいひめみ、
ふんひふぉさへへくふふあはい!」

「何言ってるかさっぱり判らないわねー
なーに、豚一?はっきり言ってみな」

一時的に口枷を外され、屈辱の懇願をせざるをえなかった


「カオル女王様ぁ・・・
どうかこの豚一めに、ウンコをさせてくださあぁ~い

「よくも恥ずかしげも無く、そんな事が言えたものね
まあ、部屋中に撒き散らされてもかなわないから、
させてやろうかしら ふふふっ




  
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)
海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)

イメージ・ストーリー・コスプレ    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑