FC2ブログ
☆...Kaoru's secret room...☆ へようこそ SM好きKaoruの「リアル奴隷調教」& 「変態性欲」見せます、語ります・・・
日記 | 独り言 | 乳首責め・蝋燭・調教全般 | 複数プレイ | 女装&牝化 | 緊縛・猿轡・匂い | アナル責め | 指令 | 脚フェチ | イメージ・ストーリー・コスプレ | 浣腸 | 聖水 | 黄金 | ちょっとビックリ | 下ネタ or 裏話 | お知らせ・その他 | 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2ブログランキング
過去ログ
ブログ内検索
RSSフィード
Kaoru’s secret room
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
Kaoru

kaorusan

Author:kaorusan
マゾとして刺激が欲しくなる時
一緒にSMの扉を開けてみよう
新たな刺激と興奮に包まれる

-------------------------

*当サイトはアダルトコンテンツ、
SMに関する描写を含んでいる為、
20才未満の方の閲覧とコメントは
お控え下さい
SMに関心の無い方、
不快に感じる方などは
ご遠慮下さい*

*多忙につき、コメント、及び
メールの返信が出来ないことが
多いのでご了承下さい*

*現在、新規の個人奴隷は、
ご依頼、不可です
何卒、ご理解下さいませ*

以上、ご了承の上
コメントの方は、お願い致します
------------------------

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング

ブログパーツ

FC2カウンター
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
FC2ブログジャンキー
フリーエリア
2009.12.11 Fri
コミックマゾ豚 その2
 
「カオル君、昨日は、遅くから本当にありがとう
助かったよ、さすが、カオル君だね

その翌日の朝、出社すると信一は直ぐに
カオルに礼の言葉をかけてから

「今度の月曜日に、食事でも行かないか?
たっぷりお礼をするから。」

と、食事の約束を申し出たのだ

「はい!部長。とーっても楽しみにしています

カオルの目がいつもにも増して煌いていた。

「カオルくんと二人で食事だ!
あの目の輝き、彼女も僕に好意を持っているかもしれない。
何かハプニングがあるかもな

信一は、カオルに密かながら好意を抱いていたで、
もしかしたら食事後に、あのカオル君と
男と女の関係になれるかもしれない、
そう思い胸を期待に膨らませた。



月曜日の夜、信一とカオルは、
イタリア料理で食事を終えて、店を出た。

「カオル君、今日はもう帰るかな?
少しだけ、2次会でホテルのバーにでも行かないかい?
あまり時間は取らせないから・・・」

そう誘ったカオルから、信じられない返事が返ってきたのだ。

「部長、バーには行きませんが、
その、バーという言葉の前のところへなら・・・」

「そ、そうかいじゃあ、少しゆっくりできる場所に行こうか

信一は、胸が高まってゆくのを、感じていた。
この日が信一の豚秘書奴隷への転落の日になる事も知らずに・・・



二人は、タクシーに乗ると、とあるホテルに向かい、
人目を忍びながら、チェックインしたのであった。

部屋に入ると、先ず、カオルがシャワーを浴び、
その後で信一もシャワーを浴びた。

「部長、準備をしておきますので、
ゆっくりとシャワーを浴びてきてください

信一は、シャワーを浴び終えると、
期待に胸を膨らませて、先ずはスーツに着替えて、
カオルの待つ部屋のドアをノックした。

「カオル君、もう入っていいかな?

暫くの沈黙の後に、

「どうぞ

と、一言ぶっきらぼうな返事が返ってきた。




信一は、恐る恐るドアを開けて、
カオルの待つ部屋を見渡した瞬間、
顔から血の気が、引いていったのである。

そう、そこで信一が見たものは、
カオルの座るソファの前に広げられた、
セーラー服、女性下着、女性ストッキングなど、
信一の見覚えのあるものであったのだ。

これらは、信一が、会社のロッカーに
隠し持っていたものであったのだ。

「な、なんでこれがここに!そ、そうか、あの時。。。

もはや悔やんでも時は既に遅かった
そう、カオルに信一の隠し持っていたおぞましい物の
数々を悟られてしまったのだ。

「か、カオル君、じ、実は、こ、これは、そ、その。。。」

「何をごちゃごちゃ言ってるの!この変態部長が!!
こんな物を、よくも私たちのいる、
事もあろうに会社のロッカーに隠していたものねぇ

さあ、どういう了見か説明なさい
どうやって手に入れたの!何に使ったの!
正直に仰い!でなきゃ、会社中に、この事を広めてやるから、
この変態ブタおやじ!」



信一は、セーラー服をタウン紙の読者売買コーナーから、
娘のものと偽って手に入れた事、
会社OLのロッカーから、拝借した事などを、
真っ赤になりながら、俯いて、正座したまま告白した。

そして、これらを時々自ら着用する事も告白した





コミックマゾ豚ー4



「正直に告白いたしました、カオル様
何でも仰せの通りにいたしますので、
どうか、この事は、ご内密に

信一は、床に額をこすり付けて、土下座した。

「ふんっ!会社では、くそ真面目な顔をして、
仕事をしている振りをして、裏では、いつもいつも
こーんなおぞましく厭らしい事ばっかり考えてたのね。
最っ低の変態豚ね



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)
海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)

イメージ・ストーリー・コスプレ    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑