FC2ブログ
☆...Kaoru's secret room...☆ へようこそ SM好きKaoruの「リアル奴隷調教」& 「変態性欲」見せます、語ります・・・
日記 | 独り言 | 乳首責め・蝋燭・調教全般 | 複数プレイ | 女装&牝化 | 緊縛・猿轡・匂い | アナル責め | 指令 | 脚フェチ | イメージ・ストーリー・コスプレ | 浣腸 | 聖水 | 黄金 | ちょっとビックリ | 下ネタ or 裏話 | お知らせ・その他 | 
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2ブログランキング
過去ログ
ブログ内検索
RSSフィード
Kaoru’s secret room
≪2007.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2007.12≫
Kaoru

kaorusan

Author:kaorusan
マゾとして刺激が欲しくなる時
一緒にSMの扉を開けてみよう
新たな刺激と興奮に包まれる

-------------------------

*当サイトはアダルトコンテンツ、
SMに関する描写を含んでいる為、
20才未満の方の閲覧とコメントは
お控え下さい
SMに関心の無い方、
不快に感じる方などは
ご遠慮下さい*

*多忙につき、コメント、及び
メールの返信が出来ないことが
多いのでご了承下さい*


以上、ご了承の上
コメントの方は、お願い致します
------------------------

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング

ブログパーツ

FC2カウンター
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
FC2ブログジャンキー
フリーエリア
「 2007年11月 」 の記事一覧
2007.11.07 Wed
足の匂い
足の裏は汗をかきやすい

それも足の指と指の間は、
くっついている分、余計に汗をかく

裸足で足を出している状態なら
足も開放的だけど
いつも裸足でいるというのは
今の時代では、どこぞの原住民くらいだろう

そういう人達の足と普段靴下を履いたり
靴を履いている足では、汗のかき方や
皮膚の厚みや強度、そして匂いは
違うに決まってる

5本指ソックスっていうのもあるが
あれは蒸れなくて良いからと
履いてる人をよく見かけるが

逆に蒸れやすいとなると

パンストやタイツだ
そして厚手のタイツや光沢のある
厚めのパンストは足の指が蒸れ蒸れ

寒くなるとその更にその上には
ブーツを履いたりするので
寒い冬でも足はとても汗をかいている

見栄えからすると透明感あるパンストは
ピタっと足に馴染んで特に肌色に近いと
まるでパンストを履いてるか解りづらい程で

パンストでも光沢のある物だと
本当に足が綺麗に見えるし、
色もベージュ、グレー、ブラウン、ブラックなど
ベージュの中でもヌードベージュやら
スキニーベージュやら
微妙な濃さがあったりするが

綺麗な足でそれもパンスト履いて
ブーツなどを履いて寒い冬でも
足だけは保温されて汗をかいて
ブーツとパンストで蒸れ蒸れだったりすると
それ相当の匂いはある

特に毎日履きこんだ革靴というのは
1日中履いていると匂いがこもるので
強烈な臭さもあり、夏場の革靴なんて
脱いだ時のあのツーンと鼻にくる
それも鼻が曲がりそうなくらいの
悪臭が漂ってくると回りの人は
とても不快な気分にさせたりする

それも一緒に飲食店の座敷に上がって
掘りごたつ式の席で向かいに座った相手の
足の匂いが掘りごたつの下から

息を吸い込む度に鼻の中へと入ってくると
とても食事どころではない
早くその場から逃げたくなる
そんな経験が遠い過去にあったのを
思い出した(--;

それも相手がカッコ良かったりして
自分の好みのタイプだったとしたら
一気に興ざめしてマジかよ~って感じ・・・

許せる匂いと許せない匂いってある
匂いの中でもこの匂いは官能的で
もっと嗅いでみたいと自分を狂わせたり
逆にこんな匂いだととてもじゃないけど
臭くて堪らないなんていうのもある

それじゃ、匂いフェチの好む匂い
自分を欲情させて勃起して堪らない
匂いで悩殺されて、どうしようもないという
その匂いって・・・


どんなストーリーで変態劇は始まったのか

これより本編が始まります・・・アハハ


 
出会い系というのをご存知かと思うが
私はそんな出会い系で知り合った匂い好きの
マゾな男と会うことになった

今日はその男の為に前日から履いて匂いを
付けていたパンストと、2日前からしっかりと
匂いと分泌液で染み付いたパンティーを履いて
ホテルのロビーで待ち合わせて部屋に入った

男は私の前で恥ずかしそうにうつむいて
モジモジしてるかの様子だ

「ふふふ・・・
女性の匂いが好きなんですってね」

「・・・・はい」

「今までいろんな女性のアソコの匂いで
感じてきたって事はある意味マニアックって
言うことじゃない?
中には強烈な匂いをさせてる女性も
いたでしょうね」

「はい、その通りです」

「今日はお前の為に色々な匂いを用意してきたら
楽しませてあげるわ」

「よろしくお願いします」

恥ずかしげな表情から期待する顔で
嬉しそうである

裸になった男をベッドに寝かせると
男の体を観察するかのような目線で
私はすぐさま男の鼻にパンストの爪先を
強く押し当てて反応を伺った



においー03



「どう?
私の足の匂いは?」

パンストを1日中履きっぱなしで
パンプスを履いて歩いていたら
足に匂いと湿っぽいパンストの感触

「うううぅぅぅぐ~」

男のペニスが反応してすぐに大きく勃起した


スポンサーサイト
[PR]

海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)
海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)

緊縛・猿轡・匂い    Comment(11)   Top↑