FC2ブログ
☆...Kaoru's secret room...☆ へようこそ SM好きKaoruの「リアル奴隷調教」& 「変態性欲」見せます、語ります・・・
日記 | 独り言 | 乳首責め・蝋燭・調教全般 | 複数プレイ | 女装&牝化 | 緊縛・猿轡・匂い | アナル責め | 指令 | 脚フェチ | イメージ・ストーリー・コスプレ | 浣腸 | 聖水 | 黄金 | ちょっとビックリ | 下ネタ or 裏話 | お知らせ・その他 | とある日のプレイ | 
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2ブログランキング
過去ログ
ブログ内検索
RSSフィード
Kaoru’s secret room
≪2006.10  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2006.12≫
Kaoru

kaorusan

Author:kaorusan
マゾとして刺激が欲しくなる時
一緒にSMの扉を開けてみよう
新たな刺激と興奮に包まれる

-------------------------

*当サイトはアダルトコンテンツ、
SMに関する描写を含んでいる為、
20才未満の方の閲覧とコメントは
お控え下さい
SMに関心の無い方、
不快に感じる方などは
ご遠慮下さい*




------------------------

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
FC2ブログジャンキー
フリーエリア
「 2006年11月 」 の記事一覧
2006.11.24 Fri
乳首は伸ばされて・・・
この縛りの時だけは、

黙々とやっていた私だったわー

「女王様ー、そんなに縛らなくても・・・」

「うるさい!!お前は奴隷なんだ

私にされるがままなんだから

黙って縛られたらいいのよ!!」

「はい、すみません・・・」


調教5



意地になってテープを巻きつけてたみたいな・・・

「乳首がわざと空けてあるのはどうしてかね~

強めのバネで重さに耐えれるようにしておこうか

500mlのペットボトルに300mlの水を入れて

オモリにしてやろう・・・

「女王様!!そんなに引っ張ったら

乳首が伸びてしまいます~!!」

「何言ってんだよ、乳首引っ張られて

汚いペニス勃てているのは誰なんだ!!

こんなに濡らしてるくせに」

「お許しください・・・」



調教6



「ほーら、テープとテープの隙間に

熱い蝋燭垂らして肌を埋め尽くさないとね・・・

締め付けられて熱くて、そして乳首まで伸ばされて

心地良いだろうよ

お前は私に苛められて肉体も精神も喜んでいるだろう

もっともっとマゾな奴隷にしてやるからな!!」

「はい・・・」

このグルグル状態のチェアに

私は飛び乗り、奴隷の顔面に腰を下ろした

「ううう・・・」

「お前は私の椅子にもなるんだろ

すけべな顔してるから潰されちゃうんだよ!」

私は足で奴隷のビンビンに勃起してヨダレまみれのペニスを

擦りつけながら痛々しい乳頭に爪を立てて強く摘んでやった

奴隷は悲鳴を上げるがペニスは更に硬くなっていく

「このマゾ奴隷め!

いたぶられて玩具にされて今にもザーメンが

どっぷりと飛び出してきそうじゃないか」



私はSMチェアから降りると電マにスイッチを入れて

ペニスに刺激を与えた

「あああ!!」

「お前のマン○に私のペニスもぶち込んでやるわ!!」


装着した私の真っ赤なペニスは

奴隷の牝化したマン○を激しくピストンする

鏡に映る自分の姿がまるで盛りのオスのような荒々しさと

エロスを映して私の興奮が更に高まってきた



「私に犯されてイッてしまいな!!」

奴隷のペニスへの電マの振動と

ペニスバンドでの私の激しい腰の振りで

雄たけびのような叫び声を上げて

奴隷は一気に焦点してしまった

私は腰がガクガクになったが

奴隷が激しく感じて喜ぶ姿に

この時ばかりは自分に偽ペニスではなく

本物のペニスで奴隷の牝の穴にどっぷりと放出という感触を

味わってみたい!と思ったわ


海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)
海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)

乳首責め・蝋燭・調教全般    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑