FC2ブログ
☆...Kaoru's secret room...☆ へようこそ SM好きKaoruの「リアル奴隷調教」& 「変態性欲」見せます、語ります・・・
日記 | 独り言 | 乳首責め・蝋燭・調教全般 | 複数プレイ | 女装&牝化 | 緊縛・猿轡・匂い | アナル責め | 指令 | 脚フェチ | イメージ・ストーリー・コスプレ | 浣腸 | 聖水 | 黄金 | ちょっとビックリ | 下ネタ or 裏話 | お知らせ・その他 | 
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2ブログランキング
過去ログ
ブログ内検索
RSSフィード
Kaoru’s secret room
≪2006.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2006.10≫
Kaoru

kaorusan

Author:kaorusan
マゾとして刺激が欲しくなる時
一緒にSMの扉を開けてみよう
新たな刺激と興奮に包まれる

-------------------------

*当サイトはアダルトコンテンツ、
SMに関する描写を含んでいる為、
20才未満の方の閲覧とコメントは
お控え下さい
SMに関心の無い方、
不快に感じる方などは
ご遠慮下さい*

*多忙につき、コメント、及び
メールの返信が出来ないことが
多いのでご了承下さい*


以上、ご了承の上
コメントの方は、お願い致します
------------------------

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング

ブログパーツ

FC2カウンター
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2アフィリエイト
FC2ブログジャンキー
フリーエリア
「 2006年09月 」 の記事一覧
2006.09.14 Thu
アナルへの詰め物・・・
前に一度生卵で浣腸をしてやった事がある

あの時はコーラと卵を混ぜたんだろうか

はっきりと覚えてないけど

生卵を浣腸器で吸い上げて浣腸したんだっけ

今回は浣腸後に入れてみる事にする

ギュウっと口の閉じた肛門を

クスコで強引に広げて固定する

卵を割ってこの中へ入れてみた




アナル1-3



中に入ってるのが見える

もっと奥までツルッと飲み込んでおくれ

押し込まないとダメなんだろうか・・・?

もう1つ卵を割って入れてみよう

「看護婦さん・・・」

「なんでしょうか?

まだ検査中ですので、

お静かに・・・集中させて」


アナル1-4



あれれ、卵の上に重なるようにして

2つ目の卵が乗っかってるんだね

「呼吸を楽にして

動かないで下さいね」

卵がプカプカと浮いてる状態だわ

ダメダメ、じっとしてなくちゃ

卵が溢れてくるじゃないの~

クスコの隙間の間から白身が流れ出てきてる・・・

こりゃヤバイな

やはり浣腸器で注入するのが良いかも知れない



アナル2-1



生卵はあっけなく流れ出てしまった・・・

膣と肛門というのは同じ穴でも違う物で

この2つの穴、同じ動きをするとしたら

開く、閉じる、押し出すという事だが、

膣というのは肛門とは違い吸引という事ができる

でも、奥は浅い。肛門からなら腸がかなり長いので

奥まで入っていく、だからフィストしても

私の肘くらいまで飲み込んでしまう

同じフィストでも感触も違う

アナルフィストの方が腕が締め付けられていくという感覚というのは、

腕が細くなるような全体に圧迫感で弾力性に優れているので

フィストした腕を抜くと腕が引き締まってるような感じがする

それならば、サウナジェルなどの発汗作用があるものを

腕に塗ってアナルフィストしたならば効き目があるんだろうか?

発汗、引き締めで効果倍増?

それならば、2つのケツが必要だな

Wフィストで両腕をマッサージだよね~

同時に2つの腸からの締付け具合を味わってみたいものだ

ああ、また変な妄想が広がっていくわ・・・



次の実験は海藻サラダ

水に乾燥した海藻を戻して柔らかくする

けど、海藻よりもこんにゃくの方が多いよ

こんなに一杯あるけど上手く詰める事ができるんだろうか?
海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)
海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)

テーマ:SM - ジャンル:アダルト
アナル責め    Comment(11)   TrackBack(0)   Top↑